デイサービスの送り迎えの大変さの気をつける場合

デイサービスは送り迎え、食事、入浴、排便、の介護サービスをもらえる施設だ。
夜勤がないので坊やのいる夫人の多い店舗でもあります。

慣れるまでが、大変ですが、慣れても大変なことが多い介護の売り買い。

身が一番大変だと思ったのは、マイカーでの送り迎え商いだ。
大きな施設では、専門の送り迎え員がいる場合が多いですが、介護職員が送り迎えやるデイサービスも多いです。

こういう送り迎えが大変。
日帰り、30人のお客様を5人の介護職員で送り迎え行なうが、連日お客様の方も転じるので、在宅の場所を逐一確認しなければいけません。
一卓でおよそ3~4人のお客様の送り迎えをします。

お客様にはお先に、迎えに行く時間を伝えているので、その時間までにはたどり着くように行かなければいけませんが、迎えをめぐってもセットができていない、便所に入ってでてこないお客様も中にはいるので、自ら5~10食い分ほど時間が遅れる場合もあります。

それが何人も貫くって、最後に迎えに行く第三者は相当待たせてしまうことになるので、お客様の中にはクレームを言う第三者もいます。
送り迎え内側はお客様を倦怠させないように、声をしなければならず始終気をつかいます。

送り迎えで疲れてそれから施設での介護が待っているのです。詳しくはこちら

デイサービスの送り迎えの大変さの気をつける場合